あなたこそあなたの主治医_慢性肝炎

「あなたこそあなたの主治医」からのご紹介です。

あなたこそあなたの主治医(健康双書)
橋本行生 著

 

著者の橋本行生先生は、ご自身が慢性肝炎となり、大学病院で入院治療をしていたそうです。


その治療は、強肝剤とビタミンB1などの薬を飲んだり、点滴注射によるものでした。
動物性たんぱく質も多く摂取しました。約半年治療を続けたのですが、治らずに退院することになりました。

退院後、先輩の先生から玄米食、生野菜、生水だけを採るように助言を受けて実行します。
その結果、血液検査の数値は改善してきたのですが、すっきりとまではいきませんでした。

その後、心の底の平安を得るために合気道をはじめた結果、1ヶ月後の肝機能検査の数値が正常値に改善しました。

この経験から、滞っている自然治癒力を盛んにするには、食べ物を改め、全身を柔軟にし、鍛錬し、心が安定してくればよいという一定の法則があることを知りました。

本書では、そんな著者の体験を元にした、健康に関する情報が多く紹介されていますので、難病に悩む方にはオススメの一冊です。

関連記事


[カテゴリー]