19番目のカルテ 徳重晃の問診【1】

19番目のカルテ 徳重晃の問診【1】(ゼノンコミックス)
富士屋カツヒト 、 川下剛史

 

なんでも治せるお医者さんを目指して奮闘する総合診療医の物語です。

 

 

現代日本の高度に発展した医療には、18の専門分野があります。

外科
内科
救急科
整形外科
リハビリテーション科
放射線科
形成外科
泌尿器科
脳神経外科
耳鼻咽喉科
皮膚科
眼科
麻酔科
婦人科
小児科
精神科
病理
臨床検査

 

 

医師は、それぞれの分野のスペシャリストであり、それぞれの専門はさらに深く細分化されています。

効率よく間違えのない診断を行うため、自分の専門外の分野は他科へ回すのが通例となっているそうですが、一歩間違えれば「たらい回し」の温床となるリスクを孕んでいます。

そんな中で、日本専門医機構は

「特定の臓器を専門としない19番目の専門医」

として「総合診療科」を設置しました。

本書は、そんな総合診療科の医師の活躍を描いた話となっています。

 

 

「総合診療科」と聞くとどんなイメージでしょうか?

私は以前、NHKで放送していた病名推理エンターテインメント「総合診療医 ドクターG」という番組をよく見ていたのですが、なかなか診断がつかない難しい病気をどう診断し、解決に導いていくのかを考える医師というイメージがありました。

 

 

本書に出てくる総合診療医の徳重先生はこう言っています。

「総合診療医の仕事は患者さんに適切な治療を受けてもらうこと」

 

さらにこう続きます。

 

ちょっと見ただけで病気が分かるわけがない。

僕たちは病気と言う結果だけを見て判断してはいけない。

何を食べ、何を習慣にし、どうやって今日まで生き、病を患ったのか。

その人の生きた過程を覗かなければ診断なんてつけられない。

人は話をしながらたくさん気付くことがあるんだ。

専門が細分化するのはよいことであり、そのおかげで発展した医療は確実に多くの命を救っている。

けど、そのせいで見過ごされる患者が出てきてしまうなんて、本末転倒だ。

だから、僕が専門に選んだのは「臓器」じゃない。人間そのものだ。

総合診療医は患者を診るスペシャリスト、そう思っているよ。

 

 

なんと素晴らしい理念でしょうか。

こんなに素晴らしいお医者さんがいたら、何かあったとき最初に診てもらいたいです。

とはいえ、現状、まだそれほど普及しているとは言えず、総合診療科がある病院は少ないです。

 

 

少子高齢化が進んでいく今後の日本において、総合診療医はますます重要になってくると思います。

総合診療医の物語がどうなっていくのか、今後も楽しみに読みたいと思います。

 

 

診察日記で綴る あたしの外来診療

診察日記で綴る あたしの外来診療(丸善出版)
國松 淳和


「治してあげられないかもしれませんが、何回でも診ます。
それでもよければどなたでも、どうぞ」

そんな木製のプレートがかけられた薄暗い路地裏の雑居ビルにある診療所での、一人の女医と患者さんとの一幕を日記形式で描いた読み物です。

 

 

患者さんとのやり取りと、そのやり取りを振り返ったまとめ、という形で11種類の臨床ケースが紹介されていました。

採血したり、同じ薬で様子を見たり、薬を増減したりと、初回以外はそれほど時間をかけるわけでもなく、ありきたりな診療の様子が描かれています。

 

 

著者自身も書いていますが、

「あまりパッとしないけど、実際の診療ってこんなもんだよね。何しに来てるんだろうかって思うような内容だよね。」

というものが多かったです。

診療というと、毎回何かしら進展があったり、いろいろな検査をしたりと想像していましたが、実際はそうではなくて、ゆるやかに・ゆっくり地味なことを続けていくことなのだと思います。

私は鍼灸マッサージ師ですが、臨床においてはちょっと近いところがあるように感じました。

 

 

また、診療には終結があって治って終わりというのが理想なのだとしても、本書で描かれているような「特別あるいは現実的」というケースが多く、実はそれがリアルであるというのは的を得ていると思いました。

すごく良くするとその反動がきてしまうから、患者さんに協力してもらいながら、ちょっといまいちな状態と折り合いをつけていくことだ大事という言葉は現実的で共感できるものでした。

 

 

本書の女医さんはそっけないようでいて、案外親身になったり、忙しいからと同じ処方を繰り返したり、あえて聞きたいことを聞かなかったりと、色々工夫しながら診療をしていて、人として好感がもてました。

病院での診療に興味がある方、医師がどんなことを考えているか知りたい方ににおすすめです。

 

 

誰がために医師はいる

誰がために医師はいる クスリとヒトの現代論(みすず書房)
松本俊彦

 

アディクション(嗜癖問題、依存症)臨床の専門家として、特に薬物依存症患者の治療に尽力してきた松本先生の半生を描いた実話は読み応えがありました。

 

自らの過去の過ちや後悔についても惜しみなく披露しつつ、それをその後の学びに繋げている姿勢は素晴らしいと思います。

 

 

松本先生が、薬物依存症の患者さんに対して、薬を処方したり、薬物の健康被害を説明し続ける以外のやり方を必死に考え、患者さんに教えられながら、アディクション臨床にのめり込んでいく姿が印象的でした。

 

「自分よりも薬物の知識のない医者のところにどうして俺が来ているか分かるか?それは、クスリのやめ方を教えてほしいからだよ」

 

 

こんな患者さんの言葉に衝撃を受けながら、自助グループによって患者さんが過去と未来の自分に出会う効果や、薬物依存リハビリ施設との関わり、クスリに対する欲求を抑えることができたときのやり方を聞いてみるなど、患者さんとの対話の中で、治療のきっかけを見つけていくところに大きな学びがありました。

 

 

ネズミの楽園という実験の話が例にあげられていましたが、アディクション(依存症)の反対語は、「しらふ」ではなく、「コネクション」(つながり)であるという話は興味深かったです。

 

孤立している者ほど依存症になりやすく、依存症になるとますます孤立するから、まずはつながることが大切であるという考え方は非常に納得できるものでした。

 

 

他にも、精神科臨床に真正面から挑み続けた松本先生の経験談は勉強になることが多かったです。

印象に残った内容を以下に抜粋しました。

・この世には「よい薬物」も「悪い薬物」もなく、あるのは「よい使い方」と「悪い使い方」だけである。「悪い使い方」をするヒトは、必ず薬物とは別に何か困りごとや悩み事を抱えている。

 

 

・精神疾患なんて三つしかない。泣き言と戯言と寝言だ。この偽悪的な言葉は、要するに細かな診断に拘泥するのではなく、患者自身の物語にちゃんと耳を傾けろという意味なのではあるまいか。

 

・「ダメ。ゼッタイ。」という薬物対策の標語について、この誤訳のせいで生きづらさや痛みを抱えて孤立する人たちの視点を失い、「人」の存在を無視し、薬物という「物」の管理・規制・撲滅に特化したものになってしまった。

 

父と娘の認知症日記

父と娘の認知症日記 : 認知症専門医の父・長谷川和夫が教えてくれたこと(中央法規)
長谷川和夫・南高まり

以前に、ブログで長谷川先生の著著「ボクはやっと認知症のことがわかった」を紹介しました。

ボクはやっと認知症のことがわかった

前作は、認知症となった長谷川先生が「認知症の方への接し方を多くの方に知ってほしい」という想いから、自ら認知症になったことを公表したものでしたが、本書ではそんな長谷川先生のお世話をする長女のまりさんの視点から書かれています。

 

 

内容は、認知症がどんなものなのかを知ったり、どう介護したらよいかを知るための本ではなく、長谷川先生がどんな人物だったのか、認知症になった長谷川先生がどんな生活を送っているのか、どんなことに困っているのかなど、実生活での体験が中心です。

本書の前半は、長谷川先生が医者になった1960年代から2000年代までどんな活動をして来られたのか、家族とはどんな風に接していたのかが紹介されています。

 

 

中盤以降は、「認知症」と診断された後の長谷川先生の様子がまりさんの視点で描かれていて、コロナ禍での過ごし方や、奥様と一緒に有料老人ホームに入居された話も掲載されています。

認知症になった後も「人様の役に立ちたい」という思いから、メディアの取材も断らず、認知症患者としてのご自身の状態や、地域との関わり方などが穏やかな言葉で語られていました。

 

 

認知症を抱えながらも、桜を見て喜んだり、コーヒーをおいしそうに味わったり、好きなタンタン麺を食べたりと穏やかな日常を送る姿に勇気付けられると共に、長年連れ添ってきた奥様を大事にする姿が素晴らしいと思いました。

本の背表紙に長谷川先生の自筆のメッセージが書かれているのですが、これが力強くて印象的でした。

「生きている限り生きぬきたい 生かされるのではなく自分の意志で生きたい」

 

認知症予防のキーワードは生きがい

産経新聞に掲載されていた記事からのご紹介です。

「集合型と個別型のハイブリッド予防がカギ」という記事の、認知症の予防の話が印象に残りました。

img20210228_dementia

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、高齢者の方の外出の機会や運動、会話が減少しています。

 

 

認知症の予防として、医療的な対応や運動習慣、食事なども大事ですが、知的活動や社会交流といった「通いの場」の重要性について書かれていました。

 

そのキーワードが「生きがい」。

 

メモリークリニックお茶の水の院長である朝田隆先生は、人から愛される、人から必要とされる、人から感謝される、人から褒められることが生きがいとなり、それが認知症の予防に不可欠であるとおっしゃっています。

 

 

この話、どこかで聞いたことがあるなぁと思ったら、以前に私もブログで書いていました。

宮崎中央新聞_人間の幸せ:
https://nishigahara4-harikyu.com/blog/humanhappy/

 

「人間の幸せ」というテーマで、幸福を感じるのはどんな時かという内容です。

①人に愛されること
②人にほめられること
③人の役に立つこと
④人に必要とされること

 

 

人が幸せだと感じることをしていくことが、認知症の予防にもつながっていくのだと思います。

改めて人とのつながりの大切さを実感しました。